blog:ぱじるしさん

ぱじるしあみもの












このサイズじゃなきゃ!という事はないので試行錯誤してみてください。

ぱじるしオリジナル肌襦袢の作り方(縫い方)

運針の練習をするより、何か使えるものを縫ったり作ったりする方が楽しいです。
消耗品で、他の誰にも見られない肌襦袢は、お裁縫の練習にぴったり。

上手に縫ったり、きれいに仕上げるには、お裁縫コーナーも参考にして下さい。

肌襦袢は、お洗濯が多いので、頑丈に作ります。
浴衣などの長着を縫う時と同じような技法を使うのに、上半身分だけなので、縫う距離が短くて、比較的短時間で縫い上がります。

ぱじるしオリジナルは、男性用肌襦袢ベースの長めサイズ。
すそよけの下から、楽に引っ張る事ができるので、着物の衿から見えてしまったり、着付けでごろごろしてしまった場合も、修正が簡単です。

肌襦袢の部品の名前

浴衣スリップミニスカートワンピースタイプ

襦袢の出来上がりサイズ(目安)

身丈 76cm
2尺
袖丈 23cm
6分
袖付け 23cm
6分
袖下あき 6cm
1寸6分
みやつ口 10cm
2寸7分
衿肩あき 8cm
2寸1分
くりこし 4cm
1寸1分
肩幅 30cm
8寸
前幅・
後ろ幅
いっぱい
馬乗り 15cm
4寸
衿下 20cm
5寸3分
えり幅 2cm
5分

尺の表記は、鯨尺です。

出来上がりサイズは、目安です。
寸法表どおりのサイズに出来あがらなくても、
自分用だったら大丈夫。
既製品もサイズはそれぞれなので、
調整して着やすい寸法を見つけて下さい。