blog:ぱじるしさん

ぱじるしあみもの













これじゃなきゃ駄目!という事はないです。

なんちゃって和裁のレシピ

一番外に着る物や、高価な反物はプロにまかせて、出来る範囲でお裁縫。
着物を着ると、半襟をつけたり、なんやかやと針を持つ機会は増えるので、出来ればお裁縫のウデをあげたいと思うのです。

着物の下に着る、肌着・裾よけ、単衣や袖無双の長襦袢、着付けにつかう腰ひもなんかは、できれば自分で縫いたい。

ウールや木綿の単衣や、浴衣などの普段着も、自分で縫いたい。
簡単な寸法直しなども出来ればいいなと思います。

ちょっとした和裁独特の始末の仕方を覚えれば、後は同じ作業なので、少しずつお裁縫のレシピを増やしていきたいと思います。

専門用語がたまに出てきますが、出来るだけ解説していきます。
また、お裁縫のコーナーにきれいに仕上げるコツと一緒にまとめていく予定です。


自分でできるきもののお手入れ&お直し ― 和裁知識ゼロでも、ぶきっちょさんでもできます!


洋裁との違い

洋裁では、型紙を使いますが、和裁は直裁ちで、ほとんど型紙を使いません。
長方形の布を反物から切りだして、形作る作業になるので、やり直しがききます。
着物に仕立てた後、ほどいて、また一反の反物に戻す事ができます。





チャコとへら